精子をつくる温度も大切

精子をつくる温度も大切

精子を作りやすい環境にするためには、下半身の温度もとても大切になります。体温より少し低いくらいのほうが精子は活動的となり、運動力もアップしやすくなることがわかっています。睾丸が皮膚から突起した状態であるのも、温度を冷まし精子の状態を良くするためです。

 

精子は高温に弱く熱に長時間さらされると動きが鈍くなったり、減少してしまいます。例えばサウナに長時間入るのを習慣にしている方、ボクサーパンツで熱を帯びやすい方は注意が必要です。昔の日本人はふんどし姿で通気性がよかったのに対し、今の若者はピタッとしたボクサーパンツを履く方も少なくないでしょう。これでは睾丸周りに熱が溜まり精子つくりが妨げられてしまいます。

 

ボクサーパンツやブリーフよりはトランクス、ズボンもスキニーパンツは避けてストレート型が良いでしょう。さらに近年でよく見られるようになったのが、ノートパソコンやタブレットパソコンを膝の上に乗せて作業することです。機器からは熱が発せられているため、下半身に熱がこもれば精子の質は悪くなってしまいます。

 

質の良い精子を作るためには栄養を改善するだけではダメ、できるだけ熱損傷を少なくして質を高めましょう。長時間座って下半身に熱がこもる方も注意する必要があります。